So-net無料ブログ作成
検索選択

ソフトバンクからロボット??どこが未来で何が変わる?ただのロボットじゃない理由 [NEWS]

6/5 softbankmobileがロボット事業に参入すると発表しました。
一般向け発売は2015/2月を予定しており、価格は19万8000円のようです。

ロボットの名前はペッパー、胸にiPadを装着しています。
softbank mobileからロボット、、、

ペッパー.png


この会見で僕は未来が見えました。
大半の人は、「なんだ、アシモの二番煎じか」と落胆したのではないでしょうか。


しかし、アシモとペッパーは、ロボットという共通点以外は社会的にも事業的にも全く異なるモノなのです。
この記事を読み終えた頃にはきっと読者の皆様の目に未来が見えてると思います。


まず、アシモに関しては二足歩行人型ロボットで、焦点は二足歩行でバランスを崩さず歩けるロボットという点になります。

あしも.png


これは、機械工学の技術の粋を見せているだけで、村田製作所のムラタセイサククン(自転車に乗った小型ロボット)と同じで「すごーい」で終わってしまいます。

むらたせいさくくん.png


アシモのメッセージとしては、今後さらに進化したら何でもできるロボットができそうですね、と後の事は何も語られず漠然としたロボット構想でした。
実用性からいうと、ダンスを踊りバランスのすごさを見せる見せ物でしかないのです。
(しかしロボット業界の先駆者であり、業界への貢献は大きなものでした。アシモの技術で歩行サポート器具などが応用されています。)


ペッパーは二足歩行型を捨てて、実用性にこだわりを見せていました。
この実用性から未来が見えてきます。

1.M2M(マシンtoマシン)の活用
2.クラウド的構想

現在、携帯電話は人と人をつなぐ通信が主ですが、
近い将来、モノとモノが通信をするM2M通信が主流となっていくといわれています。

具体的な例は、留守中に家のドアが開いたらセンサーが反応してペッパーに通信で知らせ、
ペッパーはカメラ録画録音モードで侵入者の情報をユーザ(またはホームセキュリティ会社)に送るなどが可能です。

他にも空調、電気、水道、音楽など様々なモノと連携することで無限の可能性を秘めています。
今回ソフトバンクがロボット子会社を立ち上げるのではなく、あえてソフトバンクモバイルがペッパーを展開した理由が、このM2M通信を意識しているからだといえます。


ペッパーを利用しお掃除ロボットの代わりに掃除させられないか、と思う人もいるかもしれません。
専用のアタッチメントをとりつければ、ペッパーの高性能なセンサーにより無駄のないお掃除ができます。

ペットを飼っている方は、旅行中にペッパーに餌やりを任せ、リモートで様子を見て、体調が悪そうであれば、獣医に連絡がすぐにできるでしょう。

これら無限の可能性を現実にする仕組みが実は2のクラウド的構想にあります。
お掃除プログラムを開発するのはソフトバンクモバイルではありません。


個人であり、一般の企業です。これはiphoneアプリと同じ仕組みで、ユーザーが開発し一般に売り出す。ユーザーは欲しいプログラムを購入。
ソフトバンクモバイルは開発費をかけず、世界中の優秀な開発者がペッパーを開発し、どんなサービスをも可能に育て上げてくれるのです。

ソフトバンクモバイルは下記のサイトでもわかるように、開発者向けに開発用キットを無料で展開する予定です。
<デベロッパー向け関連情報>

市場が盛り上がれば盛り上がるほどAppStoreのようなポータル(プログラム販売の入り口)でソフトバンクモバイルは収益を得ることができます。

最後に、最も重要なロボットの普及に関して言及します。
アシモはまったく普及していません。これは製造元のホンダがそもそも販売をしていません。
(なんと1日のレンタル費用だけで200万円程度のようです。)

ペッパーは技術を詰め込んだロボットにもかかわらず19.8万円という破格で販売されます。
これは売れば赤字である事は明白です。

なぜこのような価格設定かというと、初期費用を安くしてまずは普及させる事を優先する。
その後、ランニングコスト、通信費、プログラム売買の収益から回収すると予想されます。

これはソフトバンクがこれまでに、ソフトバンクBBでモデムを無料で配布し通信料で回収した事や、
iPadなどタブレットを実質無料にして回線費用で回収した過去からも容易に予測されます。

以上の事から、本日のペッパーの展開は、ロボットの普及により新たなM2Mのベースを作り、
次なる情報革命を起こすきっかけであることがわかります。

ネットでは「ただのロボットの発表かよ」などと言われてもいますが、孫さんの真意を見抜いた人は改めて孫正義という優秀な事業家に感嘆したと思います。

近い未来が楽しみです。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

まき

ニュースで見て一瞬欲しいと思ったのですが 奥が深いですね〜結局凄い値段になっちゃいそうです(≧∇≦)
by まき (2014-06-08 00:08) 

yoshiotanaka440

携帯と同じように、ロボットに毎月通信費払うのが当たり前になるかもしれませんね
by yoshiotanaka440 (2014-06-28 00:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。